2015年のニュース

2015年  12月 BRC Current Technology No.10 が掲載されました。
『近交系マウスの効果的な過排卵誘起法』
-生殖・発生工学技術の効率が3 倍アップ- BRC Current Technology No.10『近交系マウスの効果的な過排卵誘起法』詳細内容へ
   11月 畑中勇輝さんの論文が PNAS に掲載されました。 畑中勇輝さんの論文掲載PNASサイト 畑中勇輝さんの論文内容報道発表資料
“Histone chaperone CAF-1 mediates repressive histone modifications to protect preimplantation mouse embryos from endogenous retrotransposons”
    9月 第108回日本繁殖生物学会大会において、長谷川歩未さんが優秀論文賞を受賞しました。第108回日本繁殖生物学会大会において、長谷川歩未さんが優秀論文賞を受賞フォトアルバム 第108回日本繁殖生物学会大会において、長谷川歩未さんが優秀論文賞を受賞 関連記事BRCサイト
“Microdroplet In Vitro Fertilization Can Reduce the Number of Spermatozoa Necessary for Fertilizing”
    3月 廣瀬美智子さんが理研技術奨励賞を受賞しました。 廣瀬美智子さんが理研技術奨励賞を受賞フォトアルバム
“Establishment of new strains and stem cell lines in laboratory animals”
    3月 理研バイオリソースセンターでゲノム編集マウスワークショップが開催されました。
ゲノム編集マウスワークショップが開催フォトアルバム ゲノム編集マウスワークショッププログラム
    2月 当室の協力した研究成果が京都大学でプレス発表されました。
『精子幹細胞の新しい自己複製様式の発見』   協力研究成果が京都大学にてプレス発表『精子幹細胞の新しい自己複製様式の発見』報道発表資料

前の記事

2014年のニュース

次の記事

2016年のニュース